「三」の力

着物地からオーダーメイド服制作をしていました頃
始めた当初は初めてお会いする方ばかりでした。

お手持ちのお着物からデザイン等のご相談と
その方の「原型」を作ります。

原型は服作りの元型になりますから、とても緊張して採寸をしました。

最初にお会いして準備にかかり
二回目に元型の仮縫いとデザインの決定。
三回目にデザイン服をトワール地で仮縫いをします。

三回続けてお会いしましたら、
お客様のお好みもある程度わかるようになり
お話も弾みます。

次のご注文にお話が続くことがあります。

今、始めることで不安に思うことがあっても
三回続けるとなんだか続けれるように思います。

私が23日生まれで♪「三」が好きで^^
よりそう思うのかもしれませんが(笑)・・・・110.png

# by krinrinka | 2017-11-23 06:17 | 暮らしつれづれ

三日・三週間・三ヶ月

新しい習慣の小さなゴールはまずは三日続けられるか?だそうです。
子供のころの祖母のお話です。

朝起きて、着替えて洗面をすましてご先祖様におまいりしてから
(お仏壇に手をあわせます)
皆で朝食を囲み、祖父と父はそれから出勤しました。

「お膳立て」といいまして、家族の食卓の用意をすることになり
お箸のそろえ方などもその時に教えてもらったように思います。

「できるかな?」と「できたよね」が交差していました(笑)
誉め上手な祖母から
誉めてもらえる嬉しさが継続の力になったかもしれません。

三週間から三ヶ月の道のりは
始める前には遠いと躊躇の思いも起こりそうですが、
過ぎてしまえば「あっという間」

三ヶ月続けることができれば、
「私から私へプレゼント」
もちろん誉め言葉もそえて♪

その前に今の習慣をひとつ止めてから^^ひとつ増やしましょうか?109.png



# by krinrinka | 2017-11-21 06:23 | おばあちゃんのお話

著者の田中澄江さんは劇作家でNHKテレビ脚本を執筆、
また小説家、評論家として多くのお仕事を残された方です。

明治41年生まれ、平成12年にお亡くなりになられました。

十代から山に親しみ八十代になられましても山歩きを楽しまれました。

ご本の表紙には「老いを迎え討つかしこい山の歩き方」と書いてあります。

この本を買いましたのは十七年前で私は四十代半ば前ののころです。

子供たちの親離れをそろそろと感じつつ、
上手に子離れができるかしら?と、そんな思いも抱いていたころです。

「老い」はまだまだ遠いと思いながら、
山登りをする上での心構えが必要と思って購入しました。
内容にぐんぐんと引かれて今まで何回も読んでいます。

子供たちもあっという間に巣立ち、孫も生まれました。
あっというまに?老いを感じる年齢になりました(笑)

久しぶりに読みながら
当時は気が付かなかったことに気が付いています。

「その年齢にならないとわからないことが沢山ある」
と、98歳で天寿を全うした祖母がよく話していました。

年齢を重ねていく変化を受け入れながら
これからも安全元気に山歩きを楽しみたいです
109.png

# by krinrinka | 2017-11-19 06:41 | 暮らしつれづれ

山登りは山だけでなく

ボーイスカウト活動からその後、勤労者山岳会に入会して十数年がたちました。
山岳会のお仲間と山登りを楽しんでいます。

最近、気が付きました。
山で身に付けた技術や考え方など、
実生活にもとても役にたっていると。

山登りはグループ活動で経験豊富なリーダーとお仲間と
また新入会員のかたも交えての集団行動です。

そのなかで少しずつ身についた多くのことが
今の暮らしにとても役にたち
心身ともに健やかに過ごせているようです。

決断力、合理性、臨機応変、瞬発力、行動力や集団行動におけるエチケットや思いやり。
ときに視点を変えてみてみること、やってみることなどなど。

この世にあります多くの趣味にも似通った趣味が沢山あると思います。

私は山登りからのお話になりますが、
山登りは自然を楽しむとともに
さまざまな多くのことを学んでいるようです
101.png

# by krinrinka | 2017-11-17 06:21 | 暮らしつれづれ

還暦でも新年でも

年賀状販売の時期に毎年会う友人がいます。
年賀状発売後に電話して^^「会いましょう!」

近況報告に加え、ボーイスカウトの元リーダー同士が
ボーイスカウト時代のお話にも花が咲きます。

今年は隊でお世話になった方のグループ・リサイタルがありました。
二年に一回のリサイタルです。

その方は還暦を過ぎてから、「唄いたい」思いを行動に移し
日々レッスンに励んでおられます。
唄のお仲間にも還暦後に始められた方もおられます。

そういいましたら、我が山岳会のお仲間にも
還暦過ぎてとか、退職なさってからとか退職前から計画的に
本格的に山登りを始められた方々がおられます。

そうそう我が夫も還暦後真っ直ぐに「撮り鉄」

還暦後の夢は一直線?

ついこの前にお正月を迎えたツモリ?がもう年末近くなって(笑)

祖母が「年を取れば取るほど一年経つのが早い」と話していました。
実感する年齢になりました。

新しいことを始めるのは新年から^^
それも楽しいですね^^毎年新しいことを始められますね♪
ならば只今の時期は「助走期間」
さて、何をしたい?110.png




# by krinrinka | 2017-11-15 06:04 | 暮らしつれづれ

日記を止めてみました

年末に新しい日記を買うのは、長年のお楽しみの一つでした。

ふと^^「やめてみようかな?」

「やめてみたら、どうなるかしら?」

半世紀近く続いた「日記を書く習慣」を
すっぱりと止めれるのかしら?
そんな思いもわいてきましたが・・・・

「やってみないと、わからない」

実験的に?(笑)日記を書く習慣を今年は止めてみました。
寝る前の習慣がひとつ減りました。

ふと心に浮かんだことをサッと、書いています♪
家族親戚・交際交友の記録などは
防忘録のようなのは別にありますから
そのような内容はそちらに。

「サッと」書くのが心地いいです。
その時の心模様を交通整理したいとき^^
ふと浮かんだお楽しみ内容は忘れない間に^^

「過去は消え去れ♪^^」なんて(笑)

「未来形」で書くことがあります。

読み返すのが楽しいです。


使っているのは
バックに入る小さめの無地のリングノート。
「いつでも、どこでも書けますよ♪」(笑)

簡潔明瞭に一行のときがあったり、
一ページ近くのときがあったり絵がはいったり。
色々のボールペンで色々書いてみたり^^

数日間、毎日書くこともあったり、
一週間以上書かないこともあったり。

旅行に行くときも持参できますから
その日の感動はその日に書いています(笑)

サッと出してサッと書く。

来年も♪
ササッと!書いていきます
109.png








# by krinrinka | 2017-11-13 06:54 | 暮らしつれづれ

サツマイモにシャックリ

秋深し、サツマイモがおいしい季節になりました。

皆さんはいかがですか?
サツマイモ類を召し上がってシャックリがでますか?(笑)

私はあります^^
シャックリが止まらないことがあります。

子供たちと小さいときには
シャックリが出ましたら・・・・
「びっくりさせてね」と身構えて^^
後ろから「ワッ!」とびっくり?させてもらったら
シャックリは止まりました(笑)

今はお白湯を飲んでいます。

お白湯を飲むと止まります♪
なんの根拠もないお話ですが、
たまたまお白湯を飲んだら止まりました。

お白湯さえあれば、大丈夫。
安心して、大好きなお芋さんを食べています。

サツマイモの種類は多く、
金時芋、紅あずま、紅こがね、安のん芋、紫芋、
シルクスィート、パープルスィートロードなどなど。

食事にもお菓子にも大活躍のサツマイモです♪

私は焼き芋、ふかし芋、豚汁やカレーに。
サラダにスープやグラタン。
サツマイモバーグにきんぴら、コロッケ。
スィートポテトや蒸しパンの中に入れたりなどなど。
毎日、サツマイモお料理を楽しんでいます。

秋はサツマイモもおいしい季節です
110.png

# by krinrinka | 2017-11-11 06:57 | 暮らしつれづれ

記事のタイトル

ブログを12年前から始めました。
今は毎日更新しています。

ご覧いただいていますのは隔日ですが、防備録のような?隠れ記事も隔日です。
ですからテーマーは別々にほぼ毎日を記事を書いています。

記事を書く前に内容が決まっていることもあります。
反対に、タイトルだけが先に決まりそれにあわせて記事を書くときもあります。
両方とも決まらずに空を見上げて溜息をつくときもあります・・・・

「書けない時でも原稿用紙の前に座って一行でも書くと
いつのまにか文章を書いている」
どなたかは忘れましたが作家さんの言葉です。

今日は雨で山登りは行けず、恨めしそうに空を見ています。

記事タイトルは漢字並列が増えています。

「一目瞭然」
記事のタイトルをご覧になってパッとイメージが涌いてきそうかな?

で、ここまで今日は書けました(笑)

おかげさまで^^ブログ記事が更新できました(笑)

12年も続けていましたら、
ブログは私には無くてはならない一つになっています。

これからも毎日更新していきたいです。

毎日のご訪問、ありがとうございます。

週末から寒くなるようです。
どうぞ、お気をつけてお元気にお過ごしください
101.png










# by krinrinka | 2017-11-09 06:08 | 暮らしつれづれ

口角をチョッとあげて

「笑う回数が減った」
子供たちが十日の間にアッサリと巣立った後
気づいたのが「笑う回数がウンと減った」ことでした。

子供たちとの会話でいかに笑う回数が多かったことを思い知らされました。
夫も私もジョークもユーモアも好きですが、子供たちには叶わない。

一日に幼い子達の笑う回数と大人のそれとは大きな差があると
何かで読みました。

初孫を生まれてから、
会うたびに「なるほど」と納得しています。

街中で道行く方々の表情もさまざま。

口角をチョッとあげて
微笑んでいらっしゃる方に見惚れます。

「私も真似をしましょう」
一日中、そうはできませんが(笑)

チョッと心がけるだけで口角は上がり
表情が明るく穏やかになり、
ほうれい線がうすくなるかもしれない?

シニアの淡い期待?
いえいえ。やってみなければわからない^^でしょ
102.png





# by krinrinka | 2017-11-07 06:51 | 暮らしつれづれ

観葉植物送迎車

還暦を過ぎて、観葉植物移動用に台車を買いました。
私の背を越すまでに育った観葉植物たち。

「いやぁ^^大きく育ちました」

お天気のいい日には台車に乗せて
私の部屋からベランダまで運ぶのを楽しんでいます。

ベランダからリビングを通り抜け、廊下を通り突き当りの我が部屋まで
それほどの距離ではないのですが(笑)
「道具は使いよう」とても楽です。

断捨離を実行中ですから、物は減るばかりと思っていました。

けれど年齢を重ねながら増える物もあるんだと、
実感の台車購入です。

からだが楽になる道具は持っていたほうが楽ですね109.png


# by krinrinka | 2017-11-05 06:57 | 暮らしつれづれ

障害物競走

秋晴れのなかの山登り、いつもとは違う風景が待っていました。
台風一過の影響がまだまだ多く残っていました。

根こそぎなぎ倒されている木々、増水の川、小枝や落葉が一面を覆っていました。
濡れている岩肌は滑らないように心して通ります。

倒れている木々の上をまたいだり、下をくぐって、またまたいだり。
何回も続きました。

増水の川渡りでは二本のストックを使い、
多少濡れるのも覚悟で向こう岸まで渡りました。

増水の川に尻餅をついて、からだを水浸しにするよりも
ズボンの足元ぐらいは濡れてもいいじゃありませんか?(笑)
速乾性のウエァはすぐに乾きますし、
防水スプレー済みの靴は水をはじいてくれますし^^

お仲間の中には、靴を脱いで裸足で渡る方もおられました・・・・これも一案♪
濡れた足はタオルで拭けばいいことですし、靴は濡れません^^

「山登りはやはり危険が伴う趣味やね・・・」と思っていると

「まるで障害物競走やね?くぐったり、またいだり・・・」とお仲間の声。

なるほど、そうですね^^急に子供ころの運動会が思い出されました。
緊張は続きながらもチョッと楽しい気分が加わりました^^


四十歳半ばを過ぎて山岳会に入り十数年がたちました。
お仲間との山登りは楽しいです♪♪

山登りを続けている「おかげ」は
人生の坂道をますます意気盛んにしてくれています
101.png




# by krinrinka | 2017-11-02 08:00 | 暮らしつれづれ

記念日を増やそう

新年のカレンダーが目に飛び込んでくるようになりました。
「新しいカレンダー」
一月から一枚ずつめくりながら、なんとなく心躍る気分になります。

毎年のことですが、カレンダーを買ってきましたら
まず家族のお誕生日に名前と年齢と「おめでとう」を書き込みます。

子供が結婚してひとり家族が増え、孫が生まれてまたひとり増えて。
書き込みながら微笑んでいます(笑)

そのほかに「記念日」があります。

私たちの「結婚記念日」
こちらのマンションに引っ越してきた「引越し記念日」

子供たちが巣立った「巣立ち記念日」
子供の「結婚記念日」
その前に初めてお相手さんが家に来てくれたドキドキの記念日
可愛い姪っ子が九州に嫁いだ
  チョッとさみしい気持ちとエールの混ぜ混ぜの記念日

そして今年は私の人生初になりました「初!海外記念日」などなど♪

毎年、一つか二つは増えていっています。
カレンダーに書き込みながら♪嬉しい^^

物でも何でも新しくひとつ増やす前に、
ひとつ減らすことも考える年齢になりました。

そう思いながらも来年も「記念日を増やそう」110.png






# by krinrinka | 2017-10-31 06:51 | 暮らしつれづれ