柄のある生地の裁断例

トレーシングペーパーを使って「柄有り」生地の裁断例をご紹介します。大きな柄になるほど「柄の出し方」で裁断時に迷うものです。悩み悩んで悩み抜いて意を決して裁断したはずなのに;;「あぁ、それなのに・・・それなのに;;」なんてご経験はありませんか?

トレーシングペーパーで身頃や袖、見返し等「前後左右」全て作ります。
 衿がある場合、おおよその位置を前身ごろに書いておきます(隠れるところです)
 間違えないようにそれらを書いておきます。

  生地の上においていきます。


↓ お顔移りを優先して明るい赤色の柄を下のようにおきましたが
 一番いい感じの柄はちょうど衿に中に隠れてしまいます。

d0048750_934667.jpg


↓ですから、下のように型紙を起きましたら、お顔写りがいいです。

d0048750_934243.jpg



↓お好みでこのようにトーンを押さえた柄をお顔のそばにおいてみました。
d0048750_9344067.jpg




↓こちらの雰囲気も違ってきます・・・・
d0048750_9345248.jpg



トレーシングペーパーは私は百均で買っています。
  A3サイズ10枚入っていまして、つなぎ合わせて使っています。



柄のある場合、見積もりの用尺は多目になさったほうが安心です。

そして裁断なさる前にプリントを手にもたれて・・・鏡のまえでお顔写りをご覧ください。

   案外、新しい発見があるかも?しれません・・・・





 それから型紙をおいてから、今一度、鏡の前で出てくるプリント柄を
      チェックなさってください。

 後身頃も同様に。


 前身ごろは「ご自分本位」で柄の出かたを確認してください。

 後見ごろは「他人の目線」で柄の見方をご覧ください。
  ・・・常に見られている^^「後姿」です。



インパクトのある柄は「中心」におくのは避けてください。

  やや右より、左よりなど斜め目線で決めてくださったほうが
     仕上がりもすっきりとスマートに仕上がるように思います。

 また、下のほうのおかれる場合は「着丈」と「身長」のバランスもご確認ください。



 おしゃれな「秋」はもうすぐそこまできています・・・♪^

  今まで着ることが無かったプリント柄や色目にチャレンジする!!

   いくつになりましても・・・・おしゃれは楽しいです~^^

(((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((()))))))))))))))))))))))))))))))))))))))



ただいま、我が家は「小豆」の香りが漂っています(笑)

 朝からおはぎのあんを作っています。

 子供の頃、おはぎは「ぼた餅」と呼んでいました^^

 従来のおはぎより・・・二倍近い大きさだったように覚えています。

 今日は「おはぎ」でなく「ぼた餅」を作ります。

 きなこ、青海苔、黒胡麻をまぶします^^


    何個かは「山のお供」に冷凍しておきます^^


    秋は・・・・食欲!!


     
皆さま、今日もお元気でお過ごしください。

   ♪^^ご訪問いただきまして、ありがとうございます(^^)♪

人気ブログランキングに参加しています。
よろしければ「ポチッ♪^^」っと押してくださると嬉しいです。人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
 
♪(*^^)o∀*∀o(^^*) ありがとうございます
          
by krinrinka | 2014-09-22 09:59 | ソーイングの知識・技

元気笑顔なシニアの暮らし


by ぐらんま
プロフィールを見る