見るだけの靴下

東京・丸の内の靴下専門店で購入した金文字刺繍イニシャル入りの男性の靴下。

娘が社会人になった年、
娘から父へお誕生日プレゼントです。

貰った当初から「勿体なくて、刺しゅう入りはまだはかない」と夫。
ほかの靴下ははいたのに、刺しゅうイニシャル入りは別格みたい?


年月が過ぎ、当時50歳代だったのが今は60歳代に。

スカイブルーに明るいベージュの靴下は今、はかないと
派手になって、はけなくなる?

「はいてしまうと、いずれはけなくなるから」と夫。

それはそうですね^^

はかないままなら、いつまで手元に置いておけますねぇ(笑)

夫の引き出しを開ければ、
娘からの靴下がパッと目に飛び込んできます♪

ずっと使わずに。

見るだけの靴下も楽しいかも101.png



by krinrinka | 2017-06-28 06:21 | 暮らしつれづれ