ブログトップ | ログイン

暮らし・手作り楽しみながら

2004年から始めましたブログは只今おやすみしております。

 内容一新でまたお目にかかれることと存じますが、しばらくのお時間を頂戴いたします。

 
  母は紳士服、叔母が婦人服のお仕立て服を制作しておりました関係で
    ちいさいころからミシンと生地の山に囲まれて暮らしました。

  祖母は大の着物好き

    よく呉服屋さんの番頭さんが大きな着物を担いで、
  お仕事の途中によられることもたびたび。

 「目のお正月や」と言って祖母はよそ様のご注文の反物を見ては喜んでいました。

男の子たちと外遊びが好きな私でしたが、反物も服地も見るのが大好きでした。

ときどき足踏みミシンで遊んでは時には指を傷つけて、
    それでもまたミシンで遊ぶ娘の姿に
父が当時では高価だった外国の子供用のミシンを買って来てくれました。
これは上糸も下糸も、もちろんボビンケースもついて電池で動く優れもの。

毎日毎日何か縫っていたことを今でもしっかりと覚えています。

家には有り余るほどの生地があり、反物の端布もありました。

私がミシン縫いをしている姿を見た蒲団屋さんのご主人がお蒲団の余り布を持って来てくださいまして。

  キラキラ光り輝くような生地、今から思いますと婚礼蒲団の端布かもしれません。。。。。

それら生地をありがたく頂戴して、母が作ってくれた型紙を使って
当時、流行っていました「タミーちゃん」の服をデザインして縫って、

学校に持って行ってお友達に見てもらうのが楽しみなことでした。

ファッションの専門学校、卒業後既製服会社にデザイナーとして入社しました。

年に数回の東京出張、バイヤーさんと営業マンさんとの商談は緊張の連続でした。
 

 結婚後は専業主婦、二人の子供たちに恵まれ子供服ももちろん手作り

  幼稚園に入園する頃にはお友達のお母さん方と一緒に服作りの時間も楽しみました。


その後、着物地から「着物服」オーダーメード服制作を経て

 手縫いで服作りができる型紙販売、
   そして「手縫い服講座」カルチャーセンター講師と

   様々な経験の中で、さまざまな方々とのお出会いに今も感謝しています。


暮らしの変化を経験しながら、子供たちも巣立ち初孫の恵まれ
  思うところがありまして、今は新しいことにチャレンジ真っ最中。

   人生の坂道をときに感じながらも、坂道を登る勢いは山登りでいただいています。
     こちらも良き仲間に恵まれて感謝^^感謝^^


 いずれあらためまして、そちらの経験談もご披露したく思っています。

             ご訪問いただきまして、ありがとうございました。

    
     


   
  
      
by krinrinka | 2015-06-13 07:54 | 自己紹介