<   2014年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

透ける生地や薄手の生地で手縫い服を作る場合、肩や脇・袖底などは「袋縫い」をします。今回はお袖を使いまして順にご説明いたします。

① 二枚の生地の表が外側になるように合わせて(従来の縫い方では側が外になります)
  縫い代巾5ミリから7ミリの間で細かい目の針目で並縫いします。

 
d0048750_8441538.jpg





② 並縫いのあとはこのように、縫い代に生地の繊維の糸くずがでることがあります。
  このままにしておきますと、仕上がったときに縫い目から生地の繊維が出てしまいます。
d0048750_8442413.jpg




③ ですから、はさみの先で、チョンチョンと出ている繊維の糸くずを綺麗に切り落とします。
   コツは短い距離を少しずつ、ゆっくりと切る事です。
    大胆に切っていきますと縫い代もカットしてしまう恐れがありますから
     ご注意ください。

d0048750_8443248.jpg






④ 切り落としたあとに縫い代を割ります(開きます)
  薄手の生地でしたら、アイロンではなく「指アイロン」・・・
  人差し指で押さえ込むだけで写真のように綺麗に縫い代が開きます。

d0048750_8444095.jpg




⑤ 上記の縫い代を隠すように、生地を合わせて縫い代巾8ミリから1センチの間で
  並縫いをします。今回は同じところを二度縫います。
   つまり「ミシン縫い」に近い仕上がりにします。  

  コツは糸を引っ張らないことです。
  二度縫いますから、引っ張りすぎますと、縫い目からシワがでる恐れがあります。
  針目も①よりもやや大きめで、いつもの並縫いの針目で大丈夫です。

d0048750_8444892.jpg


  次に袖口の縫い代を1センチの並縫いをしてから
   袖に「奥まつり縫い」しますと、袖のできありです。

☆ 「縫い始め」と「縫い終わり」は生地の箸から必ず5ミリ空けてください。

  上記の縫い方で「肩」や「脇」など・・・・直線のところは同様になさってください。




 同様に「袖ぐり(袖付け)」の「袋縫い」は以下をご覧ください。。

http://krinrinka.exblog.jp/20965718/




人気ブログランキングに参加しています。

   
よろしければ「ポチッ♪^^」っと押してくださると嬉しいです。人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
 
♪(*^^)o∀*∀o(^^*) ありがとうございます
by krinrinka | 2014-07-31 09:11 | 手縫い・部分縫い

京都・みすやの縫い針

d0048750_1731677.jpg
d0048750_173268.jpg


ドラえもんのジャイアン風に言いますと縫い針は「おぉ!我が同士よ!」縫い針は服作りの必需品です!手縫いで服を作るようになりましてから、縫い針の種類が増えました。同じ太さでも生地によりまして長くなったり、短めを選んだり。そして細い針ほど折れる頻度が多いような気がしています。今回このようなお針セットを見つけました。

子供のころから知っているお名前です。


d0048750_1734095.jpg

シルクやニット地などを縫いますときに使いますのが「四ノ二」  

   木綿やウール地などに使いますのが「三ノ二」
 
   縫い代が重なったりして分厚くなっているところは長い針を使います。


長めの針がお好きな方、短めの針がお好きな方・・・・

  使い勝手はお好み次第ですから、色々な針を使われて、

            ご自分にしっくりあった針をお使いください。


  「みすや忠兵衛」さんの案内です。
     http://www.misuyabari.co.jp/




人気ブログランキングに参加しています。
   よろしければ「ポチッ♪^^」っと押してくださると嬉しいです。人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
by krinrinka | 2014-07-30 06:55 | ソーイングの知識・技
コーヒーフレッシュで山の写真付き、嬉しいです。「日本百名山」とは違うようですが、全国の山の中から選ばれた山100座が楽しめます。さっそく買って帰りまして、並べてみました。

「あるかな?私の登った山・・・・」

              1・2・3・4・5・・・・・5座ありました!!

d0048750_16463135.jpg


 今夏は近い山々を回数で楽しみます(笑)

 先日の六甲山の滝めぐりは・・・ちょうど雨の中でした。

  岩場が濡れていますから、なるべく滑らないように腰を低くしながら小股で登ります。

 苔や落ち葉は滑って危ないですから、なるべく踏まないように・・・・

    下山後は晴れ!・・・・山のお天気はクルクルと変わることもあります。
d0048750_16543690.jpg



 この日はお仲間が「ソーメン」の用意をしてくださっていました。

   滝をみながら・・・・ツルツルとのど越しのいいソーメン。

             卵焼きもソーメンもおいしい!!

   山の楽しみは単に登ったり下りたりするだけでなく、
                お仲間と語らうこともお楽しみになっています^^

   

人気ブログランキングに参加しています。
   よろしければ「ポチッ♪^^」っと押してくださると嬉しいです。人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



 
by krinrinka | 2014-07-29 16:55 | 暮らしつれづれ
d0048750_16414386.jpg

お気に入りのデザインで着丈や胸廻りなどを変えて作りました。できあがり寸法は多少の違いがありますが、縫い方は同じです。一着目よりも二着目、そして三着目はもっと早く綺麗に出来上がります。もちろんポリエステル地とレース地の縫い方のコツはありますが。

   「同じデザインを三着作ると手が覚えて上達が早い!」

(笑)実はこれは受け売りです。とてもお上手な先輩教えていただきました。


  そして同じようなお話は子供のころ、
         ご近所の「お針のお師匠さん」もおっしゃっていました。

  私が子供のころには和裁を教えてくださる方がご近所にいらして
   
                  生徒さんが何人も通っておられました。

とても厳しくて有名な方でしたが

     「腕一本で身を立てる」決意で通ってこられる生徒さんには
   
      厳しく丁寧に教えて、そして呉服屋さんのお仕事もお世話なさいました。


私は遊びに行って、お話しを聞くのが好きでした。

  着物の反物が積んであるのを見るのも好きでした。

      「目の正月」・・・・とても高価な着物の反物を見るだけででしたが、

         もしかしましたら・・・見る目は養っていただいたかもしれません・・・


      実はこちらのブラウス、あと一着の追加があります。

                 また、後日に。どうぞご覧ください。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
 大相撲名古屋場所は、横綱・白鵬関が13勝2敗で、二場所連続30回目の優勝を果たしました

            おめでとうございます!!!

 優勝回数が30回以上となるのは、元横綱・大鵬関の32回、
     元横綱・千代の富士関の31回に次いで、史上3人目です。

   http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140727/t10013328381000.html
   
  33回目の優勝を期待しています!!!!!!




人気ブログランキングに参加しています。
   よろしければ「ポチッ♪^^」っと押してくださると嬉しいです。人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
by krinrinka | 2014-07-28 06:34 | 手縫い服

紙で作ったストロー

d0048750_14204755.jpg


奈良帰りの友人は「きっと喜ぶと思って!」 口を当てたときの感触が違います。ワックスペーパーで作っていまして環境に優しいストローです。

以前からこちらのお店の布巾がお気に入りで、
     友人たちへのプレゼントにも買ったりしています(笑)

紙で作ったストローにはびっくりしました。
  そして友人の気持ちも嬉しく思いました・・・・なので、飾って(笑)
            まだ実は、一本しか使っていません^^


d0048750_1421112.jpg


こちらでご覧いただけます。

中川政七商店公式通販サイト
http://www.nakagawa-masashichi.jp/

      *******************



小千谷縮の服ができあがりました。

   とても涼しいです。

    そして「真っ白」

        雪にさらされて、なおさらの真っ白なのでしょうか?


  麻のピンとした感じが好きです。
         お武家様の裃が本来は麻であったこともうなづけます。


  背中がちょっと伸びる感じです・・・・緊張感?


  暑い夏に麻を着ますと夏バテも少しは遠くに行ってくれるような気がします(笑)


  何より「白!」・・・汚さないように立ち居振る舞いにも珍しく気を遣っています(^^)


   着るだけでなく、「白」は縫いますときにも緊張します。


  以前、着物地からのオーダーメードの「きもの服」制作をしていましたときには、

   白色系を裁断します前には必ずお掃除から始めます。
  
   もともとそんな汚してはいませんが(笑)
     儀式なようなもので、これをしないと落ち着いてはさみがもてませんでした。

  もちろん触る前には「手洗い実行!」

    ですから、仕上がったときの嬉しさと言ったら。

   今回作りながら、そんなこんなを思い出しながら・・・・久しぶりの儀式実行でした(笑)


人気ブログランキングに参加しています。
   よろしければ「ポチッ♪^^」っと押してくださると嬉しいです。人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
by krinrinka | 2014-07-27 06:29 | 暮らしつれづれ

葛飾北斎「桔梗に蜻蛉」

d0048750_2083992.jpg



「良き友人は人生を心豊かにしてくれます」ボストン美術館展で買った絵葉書。いつもの友人が「ブログネタ」と季節感を意識して送ってくれました(笑)私も神戸の展示で観ました。蜻蛉の羽根が(向かって左の前側)だけがホンの少しだけ欠けています。何か意図があったのでしょうか??

浮世絵師と言いましたら、役者絵でおなじみの「東洲斎写楽」美人画絵師として有名な「喜多川歌麿」数々の風景画で名を馳せた歌川広重など思いつきますが・・・・

アメリカのライフ誌が1999年に選んだ「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」に唯一選ばれた日本人は葛飾北斎ただ一人だそうです。

   ***************
      昨日も暑い一日でした。

 大阪では日本三大祭りのひとつ「天神祭り」の船渡御が行われました。

   「うだるような暑さ」という言葉がぴったりの一日でした。

        夏真っ盛り、皆さまどうぞお元気でお過ごしください。



人気ブログランキングに参加しています。
   よろしければ「ポチッ♪^^」っと押してくださると嬉しいです。人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
by krinrinka | 2014-07-26 07:54 | 暮らしつれづれ

シーラカンスのお湯のみ

d0048750_19473740.jpg

通り過ぎるつもりがヒョイッと中を見たとたんに、一直線に入ってしまったお店ってありませんか?こちらもそのお店の一つで、見つけましたのがシーラカンスのお湯のみ?

生きた化石のシーラカンスが器になっているなんて・・・(笑)

思わず手に取ってしまいましたら、持ちやすく珈琲カップにも使えます。

何よりもこの図柄で楽しさ倍増です。


お店のご案内です。JR高槻駅、北口バス停のすぐ横にあります。


インテリア・セレクトショップ 「Caph・caph(カフカフ)

http://www.caph-caph.jp/
    >>>>>>>>>>>>>>>



暑中お見舞いのお便りをいただきました。
             さっそく部屋に飾ります。


   やわらかな文字で丁寧に書いてくださって、
      やさしく問いかけてくださっているような・・・

            お声が聞こえてきそうです(^^)



  またお会いできるのを楽しみに・・・・お返事を出しました(笑)


     
        

人気ブログランキングに参加しています。
   よろしければ「ポチッ♪^^」っと押してくださると嬉しいです。人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


     
by krinrinka | 2014-07-25 07:44 | 暮らしつれづれ
雑誌・クロワッサンからの切抜きです。「くるみの木」のオーナーでいらっしゃる石村由紀子さんの「ベジBOX」はありとあらゆる野菜クズから作るスープストックです。

数年前の記事で、さっそく我が家でも作っています。和洋中どんなお料理にも使っています。


例えば炒め物をしても最後に大匙何杯か入れるだけでも
       「栄養」も「おいしい!」もアップしていると^^思います!

煮るときも、スープや汁物、サラダなどドレッシングやタレなどに入れたり。

  切り干し大根やひじきの煮つけ、大豆の煮付けや煮魚にも。

      (黒豆や金時豆、白花豆などの甘煮には使っていません)

     朝のお味噌汁も、昆布と煮干と鰹のおだしとあわせて使っています。

      そのときのベジスープの加減でお味噌汁が「赤だし」に近い味になることがあり、
        それはそれで・・・・朝のお楽しみです♪^^

       使い方がいろいろと工夫ができます♪~


大き目のタッパーに野菜クズを入れて、一杯になりましたら、スープストックを作ります。

これをはじめましてからは、野菜の根っこも^^ヘタも、皮も^^全てお宝に見えています(笑)

↓・・・クロワッサンの切抜きを順にご覧ください。
d0048750_9593661.jpg
d0048750_9594536.jpg
d0048750_9595597.jpg
d0048750_100521.jpg
d0048750_1001351.jpg


記事にもありますように、そのときに使う野菜によりまして
  スープの色や味わいなどが変わります。

かぼちゃ大好きの我が家は
   かぼちゃの皮も種もいれますが、色も黄金色に近くなります。

ほうれん草を買うときにも「根っこ」の長いのを捜すようになりました(笑)・・・・
   ・・・もちろん!ベジボックスにしまっておくためです(笑)

  
↓ 我が家のです^^

d0048750_104426.jpg


 ↓ 「くるみの秋篠の森」と「奈良生活デザイン室」のご案内です。

http://www.kuruminoki.co.jp/

↓ 「くるみの木」のご案内です。
http://www.kuruminoki.co.jp/ichijyo/

   

 >>>>>>>>>>>>>>>>>

先日、京都府立植物園から抱えて持ち帰りました「テーブルヤシ」と「シンゴニューム」が
  ドンドン!!育ってきています。

   ドンドンドンドン育って育って・・・・・私の背を抜くほどに育って??☆
     部屋の様相が「ジャングル」のようにならないかしら?・・・・♪



人気ブログランキングに参加しています。
   よろしければ「ポチッ♪^^」っと押してくださると嬉しいです。人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
by krinrinka | 2014-07-24 10:14 | お料理大好き!
ポリエステル地の透ける素材で手縫い服を作りました。「型紙の使いまわし」で前の衿くりを3センチ落とし、着丈を短くして胸廻りを全体で4センチ小さくしました(前中心と後中心で半身で1センチずつ小さくしました)

水玉模様もシャーリング加工も素敵です。一般的にはこのような生地はギャザースカートを作りますがこのようなデザインもいいかな?と。


d0048750_19162931.jpg

手縫い糸はニット用のミシン糸・レジロンなどを使います。
縫うときのポイントですが、あまり生地をひっぱらずに針目はやや小さ目で縫ってください。
針の先を上下運動するように縫っていきますと、リズミカルに針が進みます。



元の型紙から作りましたのが、こちらです↓
d0048750_19172951.jpg


こちらの生地もポリエステル地の透ける素材です。
袖ぐりも衿ぐりもバイアステープ始末です。
秋冬の生地になりましたら、見返し始末がいいと思います。

    *****************

大相撲名古屋場所、30度目の優勝を目指す横綱白鵬関を応援しています!!!

http://www.sumo.or.jp/



このようなブログを発見!(笑)
http://ameblo.jp/hakuho-69/

  暑い名古屋場所、日曜日が千秋楽です。
   
    テレビ桟敷で肩に力が入ります^^

      大相撲番組の間は、夕食つくりはストップの我が家です(笑)



人気ブログランキングに参加しています。
   よろしければ「ポチッ♪^^」っと押してくださると嬉しいです。人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
by krinrinka | 2014-07-23 05:59 | 手縫い服
d0048750_985866.jpg


幼馴染からポストカードが届きました。筆まめな友人達が送ってくれるカードをご了承済みでブログネタに使わせていただいています(笑)ご協力ありがとう!

タイはやはり・・・・「暑い国と感じる」国だそうです。

  今回はゆっくりと回れたそうで・・・・

タイと言いましたら「ゾウさん」!

  「ゾウさん」といえば・・・ミュージカル「王様と私」・・・王様は♪~九代目松本幸四郎丈


 ・・・私はお父様の八代目松本幸四郎丈の舞台のほうを多く観ています。
     晩年は「松本白鸚」に名を変えられましたが、やはり「八代目松本幸四郎」の
    お名前がしっくりときます。


     おおどかな芸風が大好きでした。思い出します数々の舞台の中から・・・

 NHK番組「軍師官兵衛」の本能寺の変の明智光秀のお話を。

 歌舞伎では時代を変えて、お名前もそれらしくわかるようにちょっとだけ変えて・・・・
  (忠臣蔵も鎌倉時代になっています・・・・また次回に)

  その明智光秀のお話で歌舞伎では「絵本太功記」と題して
    明智光秀は「武智光秀」と名を変えています。

       ちなみに、羽柴秀吉は真柴久吉(ましば ひさよし)

           織田信長は小田春永(おだ はるなが)と名前を変えています。


八代目松本幸四郎丈の大きな大きな舞台が懐かしく思い出されます。

    特に「武智光秀」の出(舞台に出てこられるとき)の見得は

      絶品で今も脳裏に浮かんできます。


      お話の内容は下記でご覧ください。

http://www2.ntj.jac.go.jp/dglib/contents/learn/edc18/ehon/
  文楽でも上演されている演目です。        

   


 「タイ」のポストカードから・・・・歌舞伎のお話になってしまいました(笑)

  
   今日も早朝からセミさんが鳴いています。

       セミさんの下で鳴き声を聞いていますと、

       頭の中ももやもやもすっ飛んでしまします。


 「セミの声・夏を乗り切るビタミン剤♪」
  よろしければ、どうぞお試しください♪(笑)

人気ブログランキングに参加しています。
   よろしければ「ポチッ♪^^」っと押してくださると嬉しいです。人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
by krinrinka | 2014-07-22 05:56 | 暮らしつれづれ

元気笑顔なシニアの暮らし


by ぐらんま