同じ型紙でmo、雰囲気を変えて・・・ベスト

d0048750_8215224.jpgd0048750_8222730.jpg


同じ型紙から着物地を変えて作りました。

同じ型紙ですから裁断も時短^でできます~

一つの型紙を・・・できれば何回も&一年中使えたら^それも楽しい?




  人気ブログランキングに参加しています。
   よろしければ「ポチッ♪^^」っと押してくださると嬉しいです。人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

# by krinrinka | 2005-06-23 09:17

いい忘れマシタ・・・ベスト

型紙(パターン)の、お話です。

同じ型紙で、使う生地によってこんなに雰囲気が違ってくるんですヨ。

ああでもない、コウでもないと生地を選ぶ楽しさもありますね。

このベストはフリーサイズ的なので、叔母たちにも作ってプレゼント。

サイズは3サイズ、年齢はそこそこ、でも選ぶ生地はそれぞれの叔母好み。

喜んでもらえて最高!!の気分でした。

  人気ブログランキングに参加しています。
   よろしければ「ポチッ♪^^」っと押してくださると嬉しいです。人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

# by krinrinka | 2005-06-23 08:32

リバーシブルな夏の服

d0048750_10431891.jpgd0048750_10434187.jpg

 残った生地の再利用バージョンです。

 かぶりのデザインで、ネックラインはボートネック風にしました。
ネックラインの出来上がりの寸法は61センチぐらいなので、脱ぎ着もラクですね。

 縞の着物からはパンツを作りました。黒の羽織からはコートのライナーを作りました。

 それぞれ仲良く着ています。

 そして、残った生地をドッキング

 素肌に着ています。

 縞のほうはテロンとしているので、ツメターイ感じ

 黒のほうは縮緬で暖かーい感じ

 今日のような湿気が多い日には縞をきて、冷たくって、サラッとした肌さわりが好きですね。


  人気ブログランキングに参加しています。
   よろしければ「ポチッ♪^^」っと押してくださると嬉しいです。人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

 

 

# by krinrinka | 2005-06-22 11:00

シースルっぽい生地のボレロ

d0048750_859595.jpg


 ズィーット縫って3時間。巻きロックなので、カンタン。いろいろと着れて重宝してマス。

 チャチャッと裁断、衿ぐりから裾まで、後ろ身頃の裾、袖口に巻きロックをする。

 私のロックミシンはジューキの「衣縫人」なんですが、巻きロックのメモリは
生地によって違ってきます。

 ためし縫いをしてから、いい感じのところで、グルッと、一気にかけてしまう。
 
 コツは一気にです。
 
 「うまく出来るかなー?」ナンテちゅうちょしてると*ロックミシンちゃん*に足元を
見られて、うまくいかない・・・と、私の経験です。

 巻きロックが出来れば、仕上がったも同然。
肩を縫って、ロック。脇も縫って、ロック。お袖も作って縫い合わせて袖ぐりをロック。

 ほら着れます!

 写真の服はポリエステルのシフォンです。糸が出やすいので、縫い代始末はロックではなく
袋縫いをしてあります。

 家でもお洗濯がチャチャットできるので、助かります。

 今年は生成の色でボレロを作ろうと・・・


  人気ブログランキングに参加しています。
   よろしければ「ポチッ♪^^」っと押してくださると嬉しいです。人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

# by krinrinka | 2005-06-21 09:30 | 手作り服

手作りの服 海を渡る!

d0048750_814428.jpg


 幼馴染がバーレンにしばらく住むことになり、あちらは日本より温度も高く、それなら涼しげなきもの服がいいかなぁと思って、こんなかんじでプレゼントしました。

 飛騨は高山で見つけた木綿の織物です。チョットうす手で夏物にはピッタリ。
私は色がとても気に入ったんです。

 デザインは幼馴染の希望でスカートとブラウスになりました。

 私が作った「きもの服」が海を渡るなんて、ウレシクッテ、もうワクワクしながら縫いましたよ!!

 反ものは、十分に生地を使いきれるので、このようなデザインも作れます。

 
 衿と前立て、袖口カフスは私の紬のスーツの残りなのですが、うまくマッチしたと思います。

 本当に端切れでも何でもおいておくもので・・・ダカラ生地は増える一方なんですが、これがまた嬉しいような、楽しみで、もうここまでくると何といえばいいのか・・・いろいろな生地にまみれて、生地に遊んでもらうのが大好きなんですよねー


 スカートはAラインのウエストタック、ランダムにタックを入れました。
こんなシンプルなデザインのパターンを自分サイズで持っていると、便利です。

 洋服地でも無地のもので3シーズン着るとか、プリントで季節感を楽しむ。

 スカート丈を変えてみる。裾巾を脇で出してみる。少し削ってみて、スリットを入れる・・・

 チョット頑張ってこのパターンから違うデザインのパターンを作ってみる。
たとえば巻きスカート、6枚はぎや8枚はぎ。

 これからはそんなアレンジも提案していきたいと思っています!

 自分で服を作りたいのになかなか実行できないという・・・

 それってパターンを作ることがもっとラクなら、実行もラクかも?

 同じ作るなら、自分の体型にあったほうが着心地もいいし・・・

 幼馴染は私と一緒でいかり肩そこのところをパターンで操作をして、衿ぐりもグルンとゆとりを入れたカーブにして、暑苦しくない感じの出来上がりです。

 彼女は、洋裁もチャレンジ真っ最中でバーレンに行っちゃったので、帰国したら、また
始めるようです。

 原型も私が持っているので、帰ってきたら、かんたんなデザインのパターンを作ってプレゼントしようと思っています。

 来年の春、帰国。

 あちらの生活を十分に楽しんでいる彼女。

 おいしいものをたっぷり味わっているようですが、行動範囲も広くいろんなことにチャレンジいているので、きっと、出発前のようにスリムでご帰国と、今から会うのが楽しみですよ!




  人気ブログランキングに参加しています。
   よろしければ「ポチッ♪^^」っと押してくださると嬉しいです。人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
 

# by krinrinka | 2005-06-20 09:14

お気に入りの端切れこんな服

d0048750_9584328.jpg


 上布(麻)の着物からシャツブラウスを作り、残りの生地でナントカ写真のような後ろボタンあきのサマーブラウスを作れました。

 衿と袖の始末のためのバイアステープが残ってしまって・・・

 でもそのままにしておくのも何か気になる
   
 ソウソウってかんじで、ゴールドの刺繍糸でこんな風にしてみました。

 写真ではわかりにくいかも知れませんが、この着物地、ストライプの柄と波に柄が透けているのです。

 麻ですから、着ていてもヒンヤリ感がありますが、見ていてもその透けているのが、なおいっそう涼やかです。

 まずあきの見返しを作ります。周りはロック始末、共布で0,5センチ弱のループを作ります。長さはボタンの巾によって違います。

 見返しと身頃の間にループを挟んで、あきを作る要領で縫って、ひっくり返したら、アイロンをあててからステッチをかける。

 肩を縫いロックしてバイアステープで縫い代を始末。

 袖口は三つ折りのステッチ。脇をズイーッと縫ってロック。裾は三つ折りステッチ。

 さて、ここで鏡に直行!!

 テープの位置をきめていきます、あーでもない、こうでもない。結構まよったのですよ。

 待ち針で仮止めをして、ゆっくり、ユーックリと手仕事を楽しんでくださいね。

 

  人気ブログランキングに参加しています。
   よろしければ「ポチッ♪^^」っと押してくださると嬉しいです。人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

# by krinrinka | 2005-06-19 10:30

ゴムウエストだったら、こんなパンツも

d0048750_7564415.jpg


 フリーサイズの嬉しいところは、ボトムでいうとウエストの始末がラクなこと、着ていて楽なこと。

 着こなしでオシャレにもなるし、「縫ってやる!」その意気込みでバンバン縫えるんですねー

 それで自信がつくので、次なるデザインにもチャレンジ!
 
 今日のパンツ、高島屋恒例「呉味の市」経由の羽織りでした。きれいな状態で、お値段もそんなにしなかった。スッゴイお得感のお買い物でした。もちろん、この羽織だけではなくって高島屋さんのカードを”持っていってしまったので”ついつい買い込んでしまいましたよ・・・あーぁ

 羽織の状態がよくって隅から隅まで使えたので、ベストも作れました。

 このパンツは脇ポケットがあります。

 スカートはシルエットのことがあったりでポケットを作らないほうが多いのですが、
パンツはあった方が何かと便利ですねー

 パッチポケットはカンタンで始めての方にオススメのデザインです。

 そして、脇ポケットもこのパンツのように袋布もすべて、表地で作ると、見返しと縫い合わせたり、袋布の裏地を用意するといったこともなく、サット裁断したらサット縫える!!

 ポケットを作り、袋布もロック始末をします。よく利用する方は2度縫いをしておいてください。
 
 前と後ろのパンツの脇を縫い合わせて、ミシン目にアイロンをあててから、ロック始末。
こちらも縫い代を開いた状態でも2枚合わせても、どちらでもやりやすいほうを。

 次は股底、縫い方も始末も脇と一緒です。

 それから右とパンツと左のパンツの股ぐりをグルンと縫い合わせて、ロックして、すそにステッチをかけたら出来上がり。

 股繰りのところはミシンで縫うときは少し引っ張り加減にして、2回縫っておくとどんなポーズ?のときも安心です。(笑)

 生地の厚みに合わせてギャザーを変えてみたり、ゴムだけでなく紐を通してみたり。

 ミシン目がチョット曲がるのもそこは手作りのご愛嬌、まずは1枚作ることから始めてみませんか?
pattern.ocnk.net/   
 

  人気ブログランキングに参加しています。
   よろしければ「ポチッ♪^^」っと押してくださると嬉しいです。人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

# by krinrinka | 2005-06-18 08:55

フリーサイズなマーメイド

d0048750_119554.jpg


 ファスナーをつけない、こんなマーメイドスカート。

 これは8枚はぎです。はぎが多くなるとミシン縫いが「タイヘン!!」と思う分、シルエットはキレイです。

 だから、なれないうちは4枚はぎから始めて、次に6枚はぎ、続いて、8枚はぎ・・・オットまだまだ?

 自信がついて12枚はぎ・・・

 スカートをはいて、風が吹いて、ユラユラゆれる・・・ヘムラインが花びらのように・・・



 ポイントは縫うときの順番です。

 私もあるのですが、はぎの枚数が多ければ多いほど、
縫う時、「どれとどれだったけ?」

 だから、これは「前の脇側」とか「後ろ中心」とかメモを待ち針で、1枚ずつ引っ付けとおくと
そんな失敗から逃れることができますね(笑)

 縫い合わせたら、オーバーロック始末の前にミシンの縫い目を1度アイロンであてておいてください。そうすることで、縫い目が引っ張られるのを防ぐことができます。

 これはスカート丈が長くなればなるほど起こりやすいのです。

 縫い代を2枚あわせてどちらかに片倒しをします。それからロック始末です。

 ここまでくれば出来上がった気分になれますよ。

 ゴムを通すウエストの布はこの前の衿のように、初めに縫い代をアイロンでおっておきます。

 それからウエストと縫い合わせてステッチをかけます。

 ソウソウゴムが通るところはあけておいてくださいね!(経験ありますの)

 ゴムが2本のときはそのようにステッチをかけておいてください。

 すその始末はロックをしてから手まつりか、すそ巾がウワーッとあって、もう見るからにめげてしまいそうなら、ミシンステッチをオススメします。

 薄手のコットンから作ってみてはいかがですか?

 ステキなプリント柄もたくさん出回って、ソーイングが楽しい季節の到来です。

 で、今日の生地はオシャレ羽織です。

 チェックではありますが、桜花と波の模様が入っているのですよ。

 

  人気ブログランキングに参加しています。
   よろしければ「ポチッ♪^^」っと押してくださると嬉しいです。人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


 

# by krinrinka | 2005-06-17 12:09

素肌で・・・カンタンな手作り

d0048750_11232096.jpg



 天然素材、シルク・リネン・コットンが素肌にやさしい季節到来です。

 つい、服地屋さんで、中古の呉服のバーゲンでもまたまた買ってしまいましたヨ。

 これって、かっこよく言えば「職業に対するモチベーション」

 ひらたくいえば「生地を買うのが好きなのよ」

 今日のデザインも初心者のかたにピッタリ。

 ラグラン袖で、かぶりです。えりぐりはチラーットゆとりが入っているので、あきを作る心配はありません。

 何かポイントが欲しくて、スタンドの衿をつけました。でも、このえり付けは見返しでぐるっと
縫うよりカンタンなんですヨ。それでいて、何か雰囲気を作っている。

 お得なデザインだとおもうのですが・・・(笑)

 前身ごろと前の袖、後ろ身頃と後ろの袖、それぞれ縫い合わせたら、縫い代を身頃側に倒しながら、アイロンをあてていきます。それからオーバーロックをかけたほうが、仕上がりもキレイですし、ロックもかけやすいのです。

 ステッチをかけていますがどちらでもお好みで。

 ロック始末ってキンチョーしませんか?

 私も相当、数をこなして、ウン拾何年ですが、いまだに深呼吸をして、気を落ち着かせてから
かけるんですよ。

 十代の頃、張り切って作っていた、タイトスカートのヒップあたりに食い込ませて、穴をあけてしまった!!

 あのときのショックがまだのこっているんでしょうかねぇ

 次に、脇から袖底、袖口までをズィーッと縫っていきます。ロックの要領は同じ。

 袖口もすそもロックをして手まつりか、2~3センチ巾のステッチをかけてください。

 あと、衿付けですが、これは実はバイアステープの*巾広バージョン*です。

 接着芯も同様にバイアスに切って,貼ってから1センチの縫い代を先に上も下もアイロンで追っておきます。それからえりぐりの仕上がり寸法になるように縫い合わます。

 あとはグルンとえりと身頃のえりぐりを縫い合わせて、縫い代をえりの方にたおして、
手まつりか、ステッチをかけたらできあがり!!

 リネンでもコットンでももちろんシルクでも。

 同じパターンをつかいまわして、いろいろとアレンジができますよ。

 衿の感じを変えてみるのもいいし、着丈を長くしたり、短くしたり・・・

 で、この写真の服は、娘時代の長じゅばんだったのですねー



 

  人気ブログランキングに参加しています。
   よろしければ「ポチッ♪^^」っと押してくださると嬉しいです。人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



 

# by krinrinka | 2005-06-15 11:38

初夏の風にここちよく

d0048750_9372592.jpg

 
 ハンドメイドにオススメの初夏のスカートです。

 8枚はぎで、裏無しです。

 ファスナーは脇だと、カーブのところにつけるので、やりにくい。

 後ろ中心につけるほうが縫いやすく、ファスナーをつけてから、脇を一気に縫えるので、仕事もはやいです。

 すそ広がりのパターンで、後ろのウエストラインは前のラインよりも0・5~0・8センチほど下にくります。

 私もそうですが、お肉のつき具合で、もっと深くくったほうが後ろのシルエットがきれいなひともいます。ちなみに私は1・2センチほどです。

 (といってもおなかのほうは、そんなにはでていません?・・・念のため)


 もっとテロンとした生地とかとしたサラサラとした生地でしたら、マーメイドのシルエットにしたらキレイですね。チョットがんばって、マチを入れるのもなおステキです。

 歩くとシルエットがユラユラ動くので、みていて楽しいですよ。

 裾の始末、これはオーバーロックをかけて手まつりですが、ミシンステッチでもいいでしょう。
その場合はステッチ巾は1~1.5センチぐらいのほうが見た感じがキレイですし、仕上がりもきれいですね。


 お召しの羽織だったのです。

 本当はマーメイド風ににしたかったんですが、家で手洗いができるように一度水につけて縮ませたので、できなかったのです。

 お召しは結構面白いほどに縮むので・・・

 手洗いがしやすいように(アイロンがあてやすい)裏無しですが、素肌感覚で着たいためでもあります。


 うんと暑い日にもサラサラしていて、暑がりの私にはとっても気持ちがいいのです・・・!

 

  人気ブログランキングに参加しています。
   よろしければ「ポチッ♪^^」っと押してくださると嬉しいです。人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

 




 
 

# by krinrinka | 2005-06-14 10:20

真夏にむけて・・・羽裏より

d0048750_13223689.jpg


 「洋裁をやってみたいなー」って、話を聞くことがあるのですが、

 いつも「夏からがオススメよ」って、こたえます。


 木綿だったら縫いやすい。袖なしからだったら気分的にもカンタンムード

 生地を切るのも型紙の面積が少ないので、こちらも気がラク。

 ミシンで縫うときも手縫いのときでも縫っていく距離は長袖のブラウスなんかより随分とお得感がありますねー

 今日のデザインは羽裏から作ってみました。

 今まで見ていただいている羽裏のサン・ブラウスよりも使える面積が多かったので、
こんな風にできました。

 洋服地でしたら、はじめにデザインを決めておいてから、生地を買いに行くので、欲しい用尺が手に入ります。


 ところが、これが着物地の面白さなんですが、

 はじめに用尺ありきなんですねー

 だから、デザインを決める前にだいたいどんな感じだったら生地がたりるかなあ?って考えます。

 私はこの時間がパズルをしているみたいで、ワクワク、ドキドキする大好きな時間です。

 時にはヒヤヒヤーなーんてこともあるんですが・・・(笑)

 生地がまだ余っていたので、大好きなルイシングをしてみました。

 難しそうに見えるかも?  大丈夫

 初心者の方の2枚目か3枚目にはできますよ。


 友達から聞いたのですが、縫うのはそこそこ縫えるし、縫うのも好きだなんだけど、

 「型紙をつくるのがねー」って、苦手というか、面倒だというか、時間がかかるって。

 それでこの前も「まっ、いいか?」で

 まあ,体型てきには大丈夫という人のを借りたんだけど、着てみて、「うーん」だったそうです。

 洋裁してらっしゃる方、どうしてらっしゃいますか?




  人気ブログランキングに参加しています。
   よろしければ「ポチッ♪^^」っと押してくださると嬉しいです。人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

 

 


 

# by krinrinka | 2005-06-13 13:51

こんな服地をつかって

d0048750_849366.jpg


 大正ロマン,ただよう長じゅばんです。時代裂屋さんで見つけました。

 柄も気に入り、しなやかさも気に入り、お値段もそこそこで気に入って買ってしまいましたよ(笑)

 デモネ、このまま着るとなると・・・うなってしまいます。チョットネー


 オーガンジーのような墨染めの柄が入ったこんな生地をみつけました。

 「このうえにかけてしまおう!」

 で、こんな服ができあがりました。

 クーラーがきついところでも平気です。

 こんなやり方で、派手な着物からもきもの服が作れます。

 それと、着物の下に着る長じゅばんは柄もステキなのに、陽の目を見ることがないのですが、
こんなかんじで作ったら、ドンドン外で着ることができますものね。

 うえにあわす服地で、随分と感じが変わるのも面白いのです。

  人気ブログランキングに参加しています。
   よろしければ「ポチッ♪^^」っと押してくださると嬉しいです。人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

# by krinrinka | 2005-06-12 09:07
line

元気笑顔なシニアの暮らし


by ぐらんま
line