歌舞伎からの影響

 独身のころはドップリ歌舞伎と文楽にはまっていました。

 東海道新幹線を使って、またドリームバスに乗って、時にはヒコーキを奮発して、
東銀座の歌舞伎座にも行きました。名古屋御園座、京都南座、大阪は道頓堀、もうオチャノコサイサイでした。

 劇場のロビーはもうひとつの夢舞台でした。
役者さん方の奥様が特に初日はきれいに着飾ってご挨拶をなさっておられます。
着ていらっしゃる着物を見るのが楽しみで、遠巻きにジーット観ていました。

 お芝居の愛好会でご一緒の先輩の方にもよく着物のことを教えていただきました。

 その経験がずっと後になってこんなに生かされてこようとはその当時、夢にも思わなかった。
今もって感謝感謝です。

 結婚して、子供が生まれる寸前まで観まくりましたので、子育ての最中はもうそんなに見たいとは思わなくなっていました。

 何より子供がおもしろかった。

 子供の服はすべて手作り

 「日本の子や」

 そうこだわって、豆絞りの服、作務衣、ちゃんちゃんこ、すべて刺繍で紋をいれました。息子は抱き柏、娘は丸に橘。
 赤ちゃんのときは手ぬぐい1枚で作れました。歌舞伎座でもらった役者さんの襲名披露の手ぬぐいもずいぶんと役に立ちました。
 
 そうこうしているうちに子供たちはドンドン大きくなり、入学式や卒業式に着物を着て出席するのを嫌がるようになりました。

 「お母さん 目立つ」

 着物で出席する方は5本の指でおまけが出ます。
そろそろ派手にもなってきた色無地と訪問着
加えて一棹ぶんの大好きな着物

 このままたんすの肥やしにしておくのもね・・・


 着物にはさみを入れる決意をしました。
# by krinrinka | 2005-05-17 10:24 | 暮らしつれづれ
 高校2年の修学旅行は私服でした。
当時としては珍らしい分、私たちもメッチャ喜んでオシャレして出発をしました。

 行く先々でデザイン学校の旅行?と聞かれました。
ちょうどVANがはやっていて、バッシッと決めているヒトもいたり、サザンの桑田さんのような
いでたちの男子もいましたっけ。

 私は宝塚のスターがよく着ていたサスペンダーのついた裾の広くなったパンタロンに大柄の
チェックのジッパージャケット,おそろいのベレー帽。今もよく覚えています。

 今のようにパターンが売られていることはなかったので、自分の原型を作ってそれをもとに
して、デザイン画を見ながら、作図をしていきます。これも慣れですが、チョット時間はかかります。

 服地の上にその型紙をおいて縫い代をつけて、裁断をして、きりじつけをします。
しつけ糸で縫い合わして、仮縫いをします。

 鏡の前でポーズ。腕をグルン、グルン回して、きつくないか、動かしやすいかチェックします。

 着丈とか袖丈。首に襟があたったりしていないか(コレッテけっこう首コリの元になるんです。)
全体のバランスを見てほどきます。この辺で、もう糸くずもずいぶん出るんです。

 仮縫いのきりじつけを取って補正したところを型紙で書き直して、縫い代をつけて、また裁断をします。

 チョット息切れですね。

 ガンバッテと自分を励まし、またきりじつけをして今度は接着芯をはるところはアイロンで貼ります。

 ここまでくれば私はもう半分仕上がった気分になりましたが。

 それからまた一声。

 ガンバレ!ガンバレ!

 ミシンでひたすら縫って、手まつりをして、ボタンホールも手縫いで(トッテモ時間がかかるのです。)     ヤット ヤット  ヤーット  出来上がり!!!ホーーですね・・・

 いまその当時の私の年齢に近づきつつある娘を見ていて私たちのやり方ではきっと
作るのが楽しくないだろうなあと思う。

 もっとスピーディに手軽に楽しく でき上がりはモッサリしていなくて、既製服のようにスッキリと。

既製服のデザイナーもオーダーメイドも経験して「いいとこどり」のソーイングをお勧めできたらと思っています。
# by krinrinka | 2005-05-16 10:32 | 暮らしつれづれ

今日がはじめて

はじめまして。

生まれたときから洋裁ドップリの環境にいました。

母は紳士服のお仕立て、父の背広もすべて母のお手製。
叔母は洋裁教室の先生。
我が家には今は廃刊になりました「ドレスメーキング」がドーンとありました。

男の子を従えてケンカぱやい私でしたが、どういうわけか
自分の服の仮縫いのときはじっとおとなしくしていたそうです。

小さいころから母の足ふみミシンで遊んでは指も縫ってしまうことも
あったので見かねた父が当時では珍しい下糸もチャンとついている
電動式の小型ミシンを買ってくれました。

相当高価なミシンでした。
あのときの嬉しさは今もって覚えています。

それからは男の子と遊ぶ合間に着せ替え人形タミーちゃんの服をセッセと作り始めました。
家には端切れがワンサカありましたし、近所の布団屋さんがキレイなお布団の端切れを
くださいました。宝塚歌劇のスターの方の衣装を真似ては作りました。
タミーちゃんの型紙を作る原型は母が作ってくれたので、私はそれを元に
自分の描いたデザイン画を元にパターンを作りました。

いっぱしのデザイナー気分で、勉強そっちのけでドンドン縫っていきました。

中学生になると家庭科で洋裁を習います。
私のレベルではおもしろくないデザインと内容で、今から思うと先生も
たいそうやり憎い生意気な生徒だったとお察し申します。(笑)

教材のデザインを勝手に自分流にアレンジをして、縫い方は母やおばに教えて貰って
作って、提出していました。

たとえば「アタックナンバーワン」の鮎原こずえちゃんが着ていた服なんかマネしましたね。
付け加えますと今やっているずっと前のことで漫画です。小鳩くるみさんの声だったと記憶
していますが。そう、私がクラブも影響を受けて、バレーボールクラブに入部しました。

高校生になるとますます洋裁とデザインにのめりこんでいきました。

ありがたいことに私の通っていた高校が公立高校では当時としては珍しい私服オッケーの
学校になったのです。

水を得た魚の私でした。
ますます発展的洋裁の道に入り込むようになりました。
# by krinrinka | 2005-05-15 11:17 | 暮らしつれづれ

元気笑顔なシニアの暮らし


by ぐらんま