ブログトップ | ログイン

暮らし・手作り楽しみながら

明日、天気になぁれ

母の下駄を履いて「明日、天気になぁれ」
下駄を空高く蹴り上げる。

下駄は空を舞い、放物線を描いてストンと落ちてくる。

下駄の鼻緒が上、つまりチャンと履ける状態に落ちてきたら明日は晴れ174.png

下駄の歯が上に向いて、つまりひっくり返っていれば明日は雨176.png

下駄の歯が横向きにならば、明日は曇り170.png

「明日は雪」もあったのですが、
どんな状態だったのか忘れてしまった121.png

幼馴染がもうすぐお誕生日を迎えます。
私より少し年上の彼女と、
小さい頃によく遊んだのを思い出しています。

あちらこちらの海外で暮らしていても
律儀に私のお誕生日にはカードを送ってくれて♪

今は日本に住んでいますが、
また海外に飛び出すかもしれない♪

長~い、お誕生日カードのやりとりを、
長く長く続けたい
110.png

# by krinrinka | 2018-01-26 08:04 | 暮らしつれづれ

我慢せず無理せず

この冬一番の冷え込みの今日は山登りです。

積雪の心配もあるのでアイゼンももストックも持って。
休憩中にからだが冷えないようにダウンの巻スカートも持って。

還暦を過ぎた頃から体力も気力もやや^^下り坂を
ふと感じることがあります。

これが世間様でいうところの「年をとったな」ってことかな?

まだまだ行きたいところもやりたいことも満載^^

うまくおつきあいしていきたい、坂道と。

年齢を理由にお楽しみを我慢しても楽しくない^^
できるように工夫して無理せずに?

そうそう、若い頃には「無理を重ねる」ことは
楽しかったし十分に出来た。

今は「無理が重ならないように」

その違いだけですよね?
110.png



# by krinrinka | 2018-01-24 06:33 | 暮らしつれづれ

多種多彩に楽しい

降水確率50%以上は中止の山登り例会です。
加えて個人では登らないので
「思い立ったが山登り」はできません(笑)

お料理は好きですが趣味のような、そうでないような^^
長年、人様の服をお仕立てしていましたから、
洋裁等服作りは趣味であったりなかったり^^

ひとりでも楽しめて、大勢でも楽しめる♪

家の中でも楽しめて、外でも楽しめる^^

知らなかった世界も土地も知ることができる。

今までお付き合いがなかった方々と
お知り合いになれる&おしゃべりを楽しむ。

「毎週この曜日は必ず参加できる」は無理な今。
自分の予定優先で続けていけるものでないと続かない。

趣味はひとつどころか、多種多彩にあったら楽しい♪

そのときどきの、
暮らしに合わせて優先順位も自在変更しながら110.png




# by krinrinka | 2018-01-23 06:22 | 暮らしつれづれ

駅弁の容器

「断舎離」進行中に反して増えつつ
楽しんでいるのが駅弁の容器です。

最近の容器はなかなか捨てるにしのびにくく、
一度ならずも何度も使いたい!
「一石何鳥」と欲もでます(笑)

最近は「中身より、見た目よりも器優先」の駅弁購入です♪

漆塗りかと見まうばかりの朱色の容器は
お雛祭りの日に、ちらし寿司を飾ります。

ドッンと重みのありそうに見える「羽根つきかまど」の形の釜揚げ弁当の器は
我が家では「親子丼」に登場しています。

子供のころ、大阪弁で言うところの「へっついさん」(おくどさん)の
「かまど炊き」ご飯の「おこげ」がおいしかったなぁ^^
ちなみにおこげは飯ごう炊飯でも作れます^^

ボーイスカウトのキャンプで「おこげ」から先に食器に盛ったのは
私たち親たちでした♪


駅弁の容器でいただきながら
そのときどきの旅行に思いをはせて^^食べ過ぎる?

まぁ、それもよしとして110.png





# by krinrinka | 2018-01-21 06:25 | 暮らしつれづれ

自分らしく

JR大阪駅隣接のグランフロント内
パナソニックセンター大阪にあるカフェでいただいた細長い封筒に(しおりにも使えそうな^^)
書いてありました。
中には「そうか、これがしたかったんだ!」

こちらのカェは縁側のようなところもあり、そちらに座っていただくことができます。
反対側には本棚がありテーマごとに並べられてあり、もちろん読むこともできます。

すぐ隣には紀伊国屋書店もあります。
ですから時間に余裕があるときにだけ^^カフェに入ります。

イベントも企画されてあり、昨年は奈良の生産者さんのときに立ち寄り
見たことも食べたことも無い奈良のお野菜を何種類も買って帰りました。


「自分らしく」と書かれているのが見える細長い封筒のような^^
5つの小窓から「自」「分」「ら」「し」「く」と読めます(笑)
ひっぱってその用紙を出すと、お家のなかが描かれた絵が現れます。

今年の「自分らしく」は何かな?101.png




# by krinrinka | 2018-01-19 06:24 | 暮らしつれづれ

来た道を振り返る

ブログを開始して十四年目になります。

記事の内容でひとつ決めていることは、
読んでくださっている方々が
ちょっと微笑んでくださるか、
「これから」に向けて
ほんの少しでもお役に立てるかな?であること。

何かのご縁でご訪問くださる方々、
お会いしたことはなく、
お会いすることもないかもしれない方々と、
インターネットのおかげで、
このようにブログを通じたご縁をいただいています。
ありがとうございます。

いつもは「前へ進め」の記事内容ですが、
今日のこの日は来た道を振り返りながら、過ごしてみます。

一日、一日と過ごしてきたことへ感謝しながら。









# by krinrinka | 2018-01-17 06:32 | 暮らしつれづれ

「一石二鳥」どころか「一石三鳥」?が大好きです。
コレをすることで、なにか効果があるとしたら、いくつ?(笑)
ついでに「整理しする物」と「考える内容」は「減る」かしら?
只今、断舎離実行中です♪

ついでに頭の中も整理中です^^
減ったスキマには、入れたいものがあります♪
山登りの行きたい山のルートとか(笑)
お料理の新ネタとか♪

クイズのように
考えている自分に気が付きました・・・最近。

「時は金なり」
「光陰矢の如し」

明治生まれお祖母がよく話していたその真意が
還暦過ぎてやっと^^理解できつつある孫娘です(笑)

過去を後悔しても、過去は戻ってこないし
やり直しはきかない。

ならば、後悔をこれからのエネルギーに変換していきたい。

そこでさきほどの「一石二鳥」効果を狙っています
110.png




# by krinrinka | 2018-01-15 06:15 | 暮らしつれづれ

厳寒山登り

冬の山頂からの景色はスコーンとはっきりくっきり、
遠くまで見わたせる。
寒いのに汗をかきながら登り登り、
その先には胸がすくような見事な景色が待っている。

冬の山登りのお楽しみのひとつです。

本日は景色ではなく「岩」を楽しむ?^^
小さな数々の滝が待っててくれている♪

自然の力って不思議だといつも思う。
どうしてこんなに上手?に、
滝が、小さいけれど滝のお集まりがあるんだろうか?

登って行くと、登った先には大きな岩が待っていてくれる。

そして絶景!歌舞伎ファンだったころを思い出し
石川五右衛門ごときに「絶景かな~~絶景かな!」
(お芝居では春の演し物ですが)

全身緊張することも有りで、ときに深呼吸しながら、
でも岩をつかんで登るのは大好き^^

岩肌の感触が大好き!

ちなみに器が好きな私は信楽焼き、志野焼き、備前焼、萩焼など
器のザラザラ感を楽しむのが好きで
触りながら山の岩肌に思いがいくこともあったりで(笑)

年齢は下り坂なれど、「チャレンジ精神」は持っていたい。

岩も山も私の「応援団」であります
110.png





# by krinrinka | 2018-01-13 06:12 | 暮らしつれづれ

「できる」と決めたら

「聡明な女は料理がうまい」(桐島洋子著)初版を読んだのは
結婚前のことで三十数年前になります。

結婚間近、書店で「聡明な女は料理がうまい」をみつけ、
すがるような思いで買った当時を思い出しました。

当時の山登りのテント泊で
それまでお料理経験がほとんどないのに料理番を引き受けて
最終日に食材不足でメンバーに迷惑をかけたことがありました。
それがきっかけで、ますますお料理苦手意識が膨らんでしまいました;;

決して「聡明」ではない私ですが
「お仕事はできる」と思って働いていましたから♪

「聡明」=「仕事ができる」⇒だから「お料理もできる」と解釈して
この本をむさぼるように何回も読んで結婚しました。

「仕事ができた私はきっとお料理もできる!」と決めて♪

新婚当時、週末の朝食のホットケーキは一時間かけて、
夕食には4時間もかけて作っていたのが懐かしい^^

ほとんどなにも作れなかった私が結婚してお料理大好きになり
三十人分くらいはお茶の子さいさい?^^で作れるようになるなんて♪
三十種類くらいはホイサッサと作れるようになるなんて♪^^

新婚当時、お料理ができないと
悩まなくても良かったのに;;

日々続けながら、工夫したり新しいレシピが作れるようになり
それが楽しみになりいつのまにか上達して自信になり
ますます大好きに「お料理」

きっかけは「私はできる」と強く信じたからでした110.png



# by krinrinka | 2018-01-11 06:31 | 暮らしつれづれ

夫も厨房に入る

津和野のざら茶で七草粥を夫が作りました。

「ざら茶」の材料は「カワラケツメイ」というマメ科の一年草で、
薬草茶としても古くから飲用 されているそうです。
とても香りがいいです。

お料理好きの夫が仕入れてきた?ネタです(笑)
ですから、作り手も夫です。

リタイア後、台所に立つ時間がますます増えています。
お料理レシピの種類も増えて私も嬉しいです♪

「男子厨房に入るべからず」なんて
勿体無いお話だと思います。

作る喜びは様々あれど、
四季折々の食材を使って作るお料理の数々。
そしてそれらを器に並べていただく楽しみ。

趣味になったり、生きがいになったり♪

レンジを使ったりオーブンを使ったり♪
圧力鍋を使ったり♪

時短レシピを楽しんだり試してみたり♪

胃袋は小さくなりつつあるようですが
お料理の楽しさは&ときに夫婦で並んでお台所に立つのは
日々の楽しみになっています
110.png




# by krinrinka | 2018-01-09 06:46 | お料理大好き!

変わんないね

A3ホワイトボード10枚には、
初孫が生まれた頃から今までの写真が計百枚ほど飾ってあります。
私の部屋の様子です^^

帰省中の孫を抱いて見せました。

「これはSちゃんが生まれた頃、ネンネしてるね^^
これは一歳のお誕生日^^歩いているね♪
〇〇(ママの実家)のおじいちゃんとおばあちゃんも一緒だね^^」

「これはSちゃんが三歳の頃^^大きくなったね!
一緒にディズニーランドに行ったね^^
おじいちゃんとおばあちゃんも写っているね♪」

ずっと見ていた孫がひと言♪
「おじいちゃんとおばあちゃんは一緒だね、変わんないね 」

孫は、赤ちゃんから三歳までの
自分の変化がわかるようです。

それに比べましたら二人のおじいちゃんと
二人のおばあちゃんには変化がないようです(笑)

あれあれ!?それって「見た目」には
三年の月日の変化がない!ってこと?

なんだか孫からお年玉をもらったような
110.png

# by krinrinka | 2018-01-07 06:36 | 暮らしつれづれ

二つと二つ、あるんだよ

三歳の初孫が帰省中のお話です。

「あのねぇ、Sちゃんには二つと二つ、あるんだよ」
「おじいちゃんが二つ、おばあちゃんが二つ、あるんだよ^^」

「物の数」と「人数」の違いは
まだ、わからないようです^^

「あるんだよ」を「いるんだよ」と言うんだよって
教えようかな?とも思いましたが・・・
きっと来年には「いるんだよ」の意味もわかって話しているでしょう。

ならば「あるんだよ」でいいじゃない?(笑)
今しか聞けない!「あるんだよ」

「あるんだよ」二つと二つ♪
そのうちの一つは私です
110.png

# by krinrinka | 2018-01-05 06:47 | 暮らしつれづれ