みんな一緒

六甲山、この冬は雪を踏みしめました。
ザック、ザックと雪の感触はほんとうに心地よいものです。
汗をかいて登って得られた幸せです(笑)

先日は登る途中から天気予報通りに天気一変、あられが降ってきました。
パラパラパラとリュックにもジャケットにも降り注ぎコロコロと落ちていきます♪

登るほどに北風強風が吹き荒れ、細き?からだに突進してきます。
 これは実はつらいです;;
 体温も下がり、指の先は凍るように冷たいのでギュッと力をいれます。
 一歩一歩緊張を増して進みます。

つらい中、前を見るとメンバーが何人も登っています。

「みんな一緒」

寒い我慢は私一人ではない・・・・・

山登りの魅力は、こんなところにもあります。


寒い中、山頂で昼食はさっさといただきながらも、

話の花は大きく開き無事下山いたしました064.gif056.gif



# by krinrinka | 2017-03-16 11:21 | 暮らしつれづれ

逆から見ると見えてくるもの?

「逆打ち」四国お遍路さんでもご紹介されている言葉です。

http://www2.odn.ne.jp/shikoku-osa/88setumei1.html

私の場合の「逆打ち」とは、
六甲全山縦走のスタートからゴールまでのコースを反対から登ることです。

ゴール地点からスタートして、スタート地点に到着します。
いつもは登っていたコースを下り、
いつもは下りていたコースを登ります。

あれあら?まるで世界が違って見えることもあったりで
それはそれは楽しい「逆打ち」です(笑)

そこでウォーキングコースを回るときにも取り入れてみました。

いつもは他の皆さんと一緒の矢印通りの回り方。
ときどきその反対に回ってみます。

いつもは皆さんの背中をみています。
反対では皆さんと顔をあわします♪
目があえばお互いに会釈したり、声をかけたり♪
 ・・・・・ちょっと楽しみ^^

山の頂上から見る景色は実に心清々しく気持ちのいいものです。
そして、
 下山後に今登ってきた山を見上げるのは達成感十分とても嬉しいものです003.gif









# by krinrinka | 2017-03-14 07:53 | 暮らしつれづれ

六甲全山縦走大会(兵庫労山)

六甲全山縦走大会(兵庫労山)が本日3月12日に開催されます。 
 ・・・・ちなみに本日から大相撲大阪場所の幕があきます。
       浪速の町に春を告げるふれ太鼓、
       大阪・なんばの街を歩いていますとどこからか
        お相撲さんの「鬢付け油(びんつけあぶら)のにおいがしてきます♪

さてさて、六甲全山縦走大会は
神戸の背後に延々と繋がる六甲山地の山並み、
六甲連山、須磨から宝塚までの約45kmを摩耶山はじめいくつかの
山並みを登っては下りまた登りながら定められた時間内に目的地宝塚に下山します。     

縦走している最中は緊張感の中にいますが、
  それを達成した時の感動は一生の宝物になりました。

  下山後にいただくおぜんざいは地元の山岳会の皆様が餅米から育ててくださった
       心こもったおぜんざい。
 
 完走できた感動とともに・・・五臓六腑にしみわたる美味しさです。

  「このおぜんざいを食べたいがために、六甲全山縦走に毎年さんかするんや・・」

   昨年、お世話係をしたときに聞いたお話です(笑)

          
今年も只今この時間、多くの方々が六甲山で頑張っておられます。

 参加者の皆々様、どうぞご無事に下山なさいますように・・・・・058.gif

  
         


# by krinrinka | 2017-03-12 09:15 | 暮らしつれづれ

ほうれん草の根の甘さ

ポパイのほうれん草のイメージは「ほうれん草を食べると元気モリモリ」

ほうれん草の葉も茎も大地の栄養分をたっぷりと吸い込んでいるようです。

吸い込む力の元の「根」だけのお料理はふわーんとほうれん草の香りがして
苦みのあとのほのかな甘さがあります。

明治生まれの祖母は
戦争中の体験もあり、お野菜の根や表皮や葉や茎なども大事にして
お料理を作っていました。

最近は根が太く長いほうれん草はあまり見かけなくなりましたが、
見つけると根だけを使ったお料理も作ります。

茎から根だけ切り落として、
根のまわりのひげをきれいに切り落とし、きれいに洗います。

一度、さっと塩湯でしてから冷水にいれます。
だし汁にお砂糖と薄口醤油で味付けをして
煮立ちましたら、根をいれて短時間煮ます。

根がやわらかくならないほうが
根の触感が楽しめます。

また、さっと塩ゆでしたのをドレッシングでいただくのも
おいしいです。



こちら兵庫県ではイカナゴが解禁されました。

春を呼ぶお魚イカナゴ

ご近所からイカナゴのくぎ煮のにおいが漂ってきます。

「さぁ!作らなくては!」043.gif




# by krinrinka | 2017-03-10 08:02 | 暮らしつれづれ

「おめでとう」長く何回も言いたい

米寿を迎えた夫の父。
八十八歳のお祝いに行きました。
皆さんでお祝いの膳を囲み、うれしそうな父の顔。

三十何年前に始めてお会いした時の事を思い出します。
以来、三十何回もの「お誕生日おめでとうございます」

三月は息子もお誕生日を迎えます。
生まれたときの感動を思い出します。

父が元気でいてくださるから言える「お誕生日おめでとう」

私たちが元気だから言える子や孫への「お誕生日おめでとう」


三世代元気で長く長く何回も「お誕生日おめでとう!」

今日お誕生日をお迎えの皆様にも
 「お誕生日おめでとうございます!!」067.gif




# by krinrinka | 2017-03-08 09:13 | 暮らしつれづれ

琵琶湖・長浜・ビワマス押し寿司

琵琶湖のビワマスはコアユをたくさん食べています。

川魚の王様であるアユのほかに海老も食べているから美しい紅色になります。

水深おもに20メートル以下で生活をして
竹生島のあたりは琵琶湖のなかで最も深い場所であり
北湖の沖合いはビワマス漁に適しています。

・・・・・「ビワマスを愉しむwith長浜」パンフレットより引用


撮り鉄の夫が琵琶湖辺りでSL写真を撮り、長浜の京極寿司さんのマスの押し寿司を買ってきました。

きれいなマスの色、山椒の小粒が二つほど飾ってあり、その香りとマスのお味と
合わさってとてもおいしくいただきました。

京極寿司さんのご主人の笑顔が浮かんできます。

長浜は大好きなところで、何回も訪れては満足な「ご馳走様」で
帰ってくるところです。

春夏秋冬、季節それぞれの「美味しい」をいただける日本に生まれて良かったな043.gif




# by krinrinka | 2017-03-06 07:45 | 暮らしつれづれ

何十年も続けていて

98歳の天寿を全うした祖母は、明治生まれのしっかり者でお料理上手、そして
人様のお世話もよくした「おばあちゃん」でした。

祖母は黒豆が大好きでした。
朝食には必ず母の手作りの黒豆をいただきます。

なぜ黒豆を朝食にいただくようになったのか?
定かではありませんが、黒豆を食べると元気長生きと信じていたようです。

なるほど頭がしっかりしたまま家で皆に見守られて眠るがごとくの大往生でした。

母の長年の黒豆つくりには頭が下がります。


食事のことだけでなく、体操や趣味など
何かを長年続けてお元気にお過ごしの方のお話を聞くことがあり
祖母のことを思い出しました。

還暦の私はいまから「何十年も山登り」を続けていけるか?
チョッと・・・・・・考えてしまいますが(笑い)

気持ちだけでも持っていたいと思います043.gif056.gif






# by krinrinka | 2017-03-04 09:41 | おばあちゃんのお話

仰げば尊し /(歌詞付き )

三月は感傷的になる月かもしれません?

「卒業」

それはご自分のことであったり、また思い出したり、
我が子のことであったり、また思い出したり。

いつのまにか大きく成長した我が子

なぜかまぶしく見上げた日を思い出します。
それは何年もまえのことですが、
いまだ心に焼き付いて、三月に思い出す光景です・・・・・

「仰げば尊し」
https://www.youtube.com/watch?v=5zJ32QZAsSA


子供たちの卒業式よりも
私の卒業式に多く唄った唄ですが、
三月に思い出す歌です018.gif

さてさて、来る四月は「新しい」が似合う月です。
新しいこと、始めてみませんか?056.gif056.gif056.gif


# by krinrinka | 2017-03-02 10:14 | 唱唄・童謡・歌

「楽しいご旅行を」

人生初の海外旅行中、ホーチミンでは海外、
とくに欧米の方々を多くお見かけしました。

ホテルでもフランス語、イタリア語、スペイン語?ロシア語?
そして英語やわからない言葉が飛び交っていました。

大きなスーツケースでエレベーターに乗り込んでこられる朝の時間帯。

目と目があって、あちらさまは微笑んで・・・・
  私は軽く会釈して笑顔で返しながら(^^)

 心の中では「どうぞ楽しいご旅行を」(^^)

言葉が通じませんが思いは通じたのかしら?

目と目があったら笑顔で返す^^

そんな経験も海外旅行初の私にはとても新鮮でした018.gif







# by krinrinka | 2017-02-28 12:51 | 暮らしつれづれ

お雛様の引き出しに「お楽しみひとつ」

お雛様をお飾りのたんすの中には
子供たちが小さい頃作った折り紙の花が入っています。

そのままに入れてあります^^

アラアラ♪と思いつきました(笑)
そうそう、私も何か入れておきましょう♪

来年までのお楽しみ一つを書いて。

還暦で人生初の海外旅行で先月ベトナムに行きました。

まだ名残を楽しんでいます♪

今年から来年のお雛様までの「お楽しみ一つ」
それは・・・・・海外旅行!

アジア近辺で一週間ほど

可愛いカードに書いて、お雛様のたんすにしまっておきましょう^^

ちょっとしたお楽しみ☆

さてさて・・・・来年の今頃は?037.gif








# by krinrinka | 2017-02-26 09:51 | 暮らしつれづれ

「姿勢」は「人生に立ち向かう姿勢」に

86歳になる私の叔母は「見た目は60代後半」でも通用する風情です。
長い間の洋裁学校の教師の経験上、いまもおしゃれが大好きです。

先日、叔母の家で話をしていましたら、
やおら目の前にあるティシュペーパーの箱を目の前まであげて
なにやら読んでいます?^^

そして「ふくらはぎを伸ばすといいねんよぅ♪」
テレビからの情報を書き留めているノートがあるのですが
それがみつからずに、忘れないうちにと
目の前のティシュペーパーの箱に書き込んだそうです(笑)

好奇心旺盛です。ときに健康に関することは大好きです。

そして立ち姿が若いです^^すっきりと立っています。
後姿はもっと若いです。背筋が真っ直ぐです。見事だと見惚れています^^

「姿勢」は「人生に立ち向かう姿勢」に通じているのでしょうか?
決して平坦ではなかったの叔母の人生に心寄せるとき
そう思うことがあります。

ですから、叔母と会いましたら
我が身の後姿が姿勢が気になります^^

帰り道の道すがら
ビルの窓ガラスを通り過ぎるときには「横姿と歩き方チェック」
背筋バッチリ真っ直ぐ?
ツイ^^チェックしている自分に笑っています043.gif037.gif






# by krinrinka | 2017-02-24 07:58 | 暮らしつれづれ

春よ、来い~

松任谷由実さん唄、1994年のNHK朝のドラマのテーマ曲です。


https://www.youtube.com/watch?v=TNGUNYvpt4A

歌詞はこちらです↓
http://j-lyric.net/artist/a000c13/l00f629.html

二月から三月そして四月と卒業卒園、入園入学式がそして社会人と
こどもたちの人生の節目も迎えます。

この季節になりますとこの唄とともに
その頃の忙しくあわただしくも、楽しかったこともたくさん思い出します。

日ごろはさほど過去に思い巡らすタイプではないようですが、
この季節はキュンと思い出します・・・(笑)

梅が咲き♪そろそろお雛様 桃の節句

関西では奈良のお水取りがすみましたら、春になります。

大阪では三月に大相撲大阪場所があります。
千秋楽がすみましたらすっかりと春です

満開の桜もそろそろとやってくるようです・・・・058.gif



# by krinrinka | 2017-02-22 08:02 | 唱唄・童謡・歌
line

元気笑顔なシニアの暮らし


by ぐらんま
line