カンタン製図でパンツを作る

d0048750_9245425.jpg


型紙を作るって「大変!」ってイメージから「割とカンタン」へ。
自分の型紙があれば次から次へとアレンジをしていろんなパンツを作れますヨ。

今日は9号(Mサイズ)ですが、明日は7号(Sサイズ)11号(Lサイズ)13号(LLサイズ)を作るやり方をご紹介します。

また、スカートのときと同じく、補正のやり方もご紹介します。
補正をやってみたい方は今は生地を切らないで待っていてくださいねー(笑)

さぁ!型紙を作っていきまーす。


前のパンツの製図をして、それを別の紙にうつして、つまり前のパンツの型紙を元にして、今度は後ろのパンツの型紙を作っていきます。

この作り方ですと、縫い合わしていくところ(脇丈,股底)の寸法をいちいち合わさなくてもすみますし、裾巾の感じや脇のカーブの感じもわかりやすいデス


図を見ながらー

1・・・たての線を引いて、順に27センチ、31センチ、37センチの印を書きます。
   股下の仕上がり寸法が68センチですので、長短は最後の37センチのところでします。

2・・・それぞれの印のところで今度は横に線を書く。

3・・・裾のDは1センチ下げます。
    これはボディの脇線はカーブになっているためにパンツを着たときにDのところが上につ    りあがったようにならないためです。

4・・・股上は平行線です。

5・・・股底のA~Bは直線で案内線になります。
   「案内線」とは製図でカーブと書くときの目安となる線で、そのままでは使いません。

   今回も1センチ右横が仕上がりで合印までのカーブを書くときの目安の線です。

   右下の図を参考にほぼ直線ですが、カーブ線を書いてください。

6・・・脇をC~Dまで書きます。

7・・・ウエストもつなぎます。

8・・・股のくりのカーブも大体の目安のつもりで書いてください。
   ピシッとしたパンツの場合でしたら、股のくりのカーブは個人差が出てくるのです。
   
   今回のようなフリーなパンツですとコンナかんじで・・・・

さあ!前のパンツの型紙が出来上がりました!!

明日は今日作った前のパンツの型紙から後ろのパンツの型紙を作ります。

生地をもうご用意してくださっている方はこのサイズでしたら明日にでも裁断をしていただけます。

今から用意なさる方は・・・

生地の用尺=パンツ丈(脇丈X2)プラス縫い代分30センチプラスゆとり分10センチ

大柄で柄合わせをする場合に10センチから20センチ多めに用意してください。

150センチ巾の生地でしたら上の用尺の半分で大丈夫です。(ひと丈で入りますから)

  人気ブログランキングに参加しています。
   よろしければ「ポチッ♪^^」っと押してくださると嬉しいです。人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
by krinrinka | 2005-07-25 23:34 | 手作り服