雪や♪こんこん

朝、目が覚めると縁側の向こうの庭には大きな雪の山ができていた。
「かまくらを作りぃ!」後から叔父が汗をふきふき笑っている。

滋賀県の母の実家に冬休みには遊びにいっていたころのお話。

小学校低学年の私やよく似た年齢の従兄弟たち総勢六名が
朝食すませて意気盛ん、かまくら作りを楽しんだ。

どのようにして作り上げたのかは、すっかりと忘れていますが、
かまくらの中に神棚のような棚を作って、そこにみかんをお供えしたことと
かまくらの真ん中に小さな火鉢を持ってきて、
そこでお餅やらおかきを焼いたことは、えています。

こんがりと・・・・
いいにおいがかまくらの中に漂って♪

おかきは祖母がお餅を薄く切って、
何日も縁側に広げて干して作ってくれました。

白餅、海老餅、青海苔の入ったお餅から作ったおかきと
「あられ」も美味しかった♪

「あられ」はお餅を一センチ弱角のさいの目に切って
あられを作る網の中に入れて火鉢のうえでコロコロと
転がして作ります。

きちんと角ばったさいの目のお餅がコロコロしている間に
角がとれて、やや丸まったサイコロ状の「あられ」ができあがります♪

明治生まれの祖父は「あられ」は
角を丸くしてからコロコロすると
思っていたそうです(笑)

雪や♪こんこん♪あられや♪コンコン♪

従兄弟たちは「おじいちゃん、おばあちゃん」になりました。
お孫ちゃんたちに唄っているのかしら?101.png






by krinrinka | 2018-01-28 06:14 | 暮らしつれづれ

英会話初心者コース始めて日々のつれづれ


by krinrinka
プロフィールを見る