暮らし英語楽しみながら

krinrinka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

大和野菜料理 粟 ならまち店

奈良で古民家、築130年のお店は
なかなか予約が取れず、やっと行くことができました。

大和野菜の数の豊富なこと!
一見人参かと思うカボチャ、
白い小豆があるなんて始めて知りました^^

「ウーハン」という名の里芋、ねっとりして美味しいです。

色鮮やかな万木かぶ(ゆるぎかぶ)の甘酢漬け。

ほうれん草が色鮮やかで歯ざわりがシャキッとして
しっかりとほうれん草の味、力強さを感じます。
子供のころのほうれん草を思い出しました^^

そして、くみ上げ湯葉と自家製のこんにゃく、
コンニャクの歯ざわりがぷりぷりして「おかわり!」したいほど(笑)

他に大和野菜の天ぷら、大和牛のリブロースステーキ。

おかわりができるご飯は、
奈良県産「ひのひかり」に黒米を一割程度混ぜて炊いてあり
ゆかりと一緒に美味しくいただきました。

デザートは大和の和菓子「粟生(あわなり)」
実はコレもお目当てでした。

粟の一種で最高級とされる「むこだまし」を生地に
幻の小豆といわれる「白小豆」と「宇陀大納言小豆」で作った
二種類の餡のお味が楽しめます。

お店の方のお料理の説明も行き届き、
ゆっくりといただきました。

季節を変えてできればディナーコースでまた
行きたいと思っています
109.png

by krinrinka | 2018-02-05 06:22 | 暮らしつれづれ