釦を変えるだけで

「藍染めのコート?あら、素敵」
遠目から見て近づいたら
デニム地の半コートでした(笑)
シルエットもデザインも素敵です♪

だいぶ以前に天然染色を習っていました。

藍染めのにおいがプーゥンとにおう。
滋賀県の藍染め工房に行った時に、
先生が「日本の女性は藍色が似合う」

藍色も薄い薄い水色から
黒に間違えるほどの濃紺まで
さまざまな藍色があります。

年齢、肌の色やお好みでそれぞれの藍色が似合う♪
藍色各種を年齢に合わせて楽しめる♪


私が「着物のお師匠さん」と
よばせていただいている方が、
いつのころからか・・・・
「紅色は着られないから、帯締めで楽しんでいるのよ」

ご自分で染められた藍の糸に
紅の糸を少し足して、
ご自分で作って身に付けていらっしゃいました。

正面から見えるのは藍色だけの帯締め。
着物の脇の下辺りでは、
帯締めの房のその中から
ほんの少しの紅の色がゆれています。


気に入って買ってしまった^^
ストレッチ地のデニムの半コートの釦。

着ていて上から見ても、
鏡で見ても、
しっくり来ない釦は気になります。

「借りてきた猫」の気分です(笑)

釦を変えます☆彡

服作りのお仕事をしていた頃から
お世話になっている大阪・梅田のタムラさんに走りました♪
あるある^^イメージ通りの釦を見つけました☆

着物で言えば釦は帯締め。

面積は少ないけれど存在感は大きい。
釦を変えてやっと^^得心したようなホッとしたような
109.png



by krinrinka | 2018-04-02 06:00 | 暮らしつれづれ