初物七十五日

イカナゴの後、空豆とえんどう豆そしてタケノコが店頭に並びます。
桜満開が早かった今年はお豆さんも早かったようです。

日本に生まれてよかった☆彡

四季折々の旬のものをいただきます♪

「初物食べると七十五日長生きする」とは
祖母の言葉です。

初物大好きな祖母は98才で天寿を全うしました。
見事にお手本を示してくれました。

子供の頃には初物の野菜果物などは
まずお仏壇にお供えして、ご先祖様に感謝します。

今あるのも、生活できるのも
「ご先祖様のおかげ」です。

お仏壇がある座敷(床の間のある和室)は
それほど風はとおりません・・・・・;;

初夏の頃、桃やイチゴ、ビワなどお供えします。
当然私たちのお口に入るのは翌日です(笑)

翌日のちょっと「ゆるめ?」になった
お味の落ちたイチゴや桃をいただきます。

「買った当日に、イチゴや桃を食べてみたい!」
その願いは結婚後実現しました
110.png



by krinrinka | 2018-04-04 06:09 | 暮らしつれづれ