十三階登りで知人増加

山登り、体力維持のために、
ほぼ毎日13階の我が家まで階段を上下しています♪

非常階段はコンクリートの壁に囲まれていて、
下の景色も見ることもなく、怖がらずに続けています(笑)

私が登っていると、声をかけてくださることがあります♪
だいたいが私と同年齢あたりか、年上の方々です。

「下から登っておられるの?」のご質問から始まります。
「はい、山登りが趣味で」で、皆さん納得のお顔になります^^

で、登るのはチョッとひと休みで
お話に花が咲くことがあります。

年齢重ねると足腰の不安も出てきます。
五十歳代では思ってはいなかった不安材料です。

不安ばかり思っていても何にもならない。
行動先決と十三階登りを始めました。

しばらく山登りがお休み後は特に不安になります。

その思いを蹴飛ばすには
「自分はコレだけやったと得心」してから
登ることだと気が付きました。

そこで当日の数日前から階段を二往復か三往復していきます。

それで得心して山に登ります。

難しいこと、ややこしいことは続けられないのですが(笑)
シンプルなことは続けやすく自信になっています^^

というお話を階段のそばでしています(笑)

納得なさって、
最初は三階までから始めた方もおられます♪

十三階登りのおかげでお知り合いが増えつつあります
101.png







by krinrinka | 2018-04-20 06:33 | 暮らしつれづれ