京人形 田中彌

来年の干支、いのししを買いに京都・四条にあります
「京人形 田中彌(たなかや)」さんに行きました。

創業1808年(文化五年)、
二百年以上の歴史をお持ちのお店です。

服作りのお仕事をしていた頃、
京都・四条のノムラテーラーさん(生地屋さん)に
行きましたら、必ずというほど立ち寄りました。

お店の中でゆっくりと様々なお人形さんを
見るのが楽しみでした。

来年の干支は10月頃からお店におかれているそうで、
この日も迷うほどに可愛いいのししさんがたくさん、
並んでいました。

我が家のお飾りの干支は、張り子で首を振るタイプです。
今回は会津の張り子「野沢民芸」のいのししさんに決めました。

濃い目の茶色の体に白の模様が描かれています。
いのししの子供の「うり坊」ですね^^
ウリのような縞々がついているので
「うり坊」と呼ぶそうです。
目がきょとんとしていて、可愛いです(^^♪

今月から年賀状発売です。
お年賀状の図柄を決めて♪

「やりのこし」多々?
それよりも延期になっている友人たちを
家に招いて102.png

by krinrinka | 2018-11-05 06:27 | 暮らしつれづれ